このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

介護予防・日常生活支援総合事業の実施について

最終更新日:2017年6月14日

平成29年1月から介護予防・日常生活支援総合事業を実施します

 団塊の世代が75歳以上となる平成37年(2025年)にかけて、認知症高齢者、ひとり暮らし高齢者や高齢者のみの世帯が増加し、高齢者の生活支援ニーズは多様化していくことが予想されます。
 高齢者が住みなれた地域で生活を続けるためには、介護保険や行政サービスに加え、地域の助け合いやボランティアによる支援など、地域全体で高齢者を支えることが必要です。また、高齢者自身も、社会的役割、生きがいを持つなど、介護予防に努めることが大切です。

総合事業の概要

 介護保険法改正にともない、敦賀市では平成29年1月から介護予防・日常生活支援総合事業(以下、総合事業)を実施します。
 これにより、全国一律の基準で実施していた要支援者に対する介護予防訪問介護と介護予防通所介護が市の実施する地域支援事業に移行します。なお、介護予防訪問介護と介護予防通所介護以外のサービスは予防給付に残ります。

 市が中心となり、地域の実情に応じて、多様な主体が参画し、多様なサービスを充実させることにより、地域の支え合い体制づくりを推進し、要支援者等に対する効果的かつ効率的な支援等を可能にすることを目的としています。

利用者の総合事業への移行時期

 現在、要支援の認定を受けている方は、原則、認定更新(区分変更含む)をした方から順次、総合事業によるサービスに移行します。

対象者

  • 要支援1・2の方
  • 生活機能チェックリストにより対象者と判断された方(事業対象者)

現在、要支援認定を受けている方

 これまでご利用されている訪問介護や通所介護はそのまま継続してご利用いただけます。
 担当の地域包括支援センター職員またはケアマネジャーが認定更新の際に詳しく説明します。

サービス内容

訪問型サービス

  • 現行相当サービス

 従来の介護保険における介護予防サービスの訪問介護と同様のサービスとして、ホームヘルパーがご自宅を訪問し、生活機能の維持・向上を図る観点から、身体介護及び掃除・洗濯などの生活支援のサービスを提供します。

  • 基準緩和サービス

 事業所に所属するホームヘルパーに加え、「敦賀市基準緩和サービス研修」の修了者などがご自宅を訪問し、自立を目指した計画のもと、掃除・洗濯などの生活支援のサービスを提供します。

  • 短期予防サービス

 リハビリ専門職が自宅を訪問し、自宅での生活動作や環境を把握し、日常生活動作などの改善に向けた支援を行います。
 訪問型短期予防サービスは、通所型短期予防サービス利用者のみ利用できます。

通所型サービス

  • 現行相当サービス

 従来の介護保険における介護予防サービスの通所介護と同様のサービスとして、デイサービスセンターなどの施設において、入浴や食事その他の日常生活に必要なサービスを提供します。

  • 基準緩和サービス

 デイサービスセンターなどの施設において、自立した生活を目指します。

  • 短期予防サービス

 デイサービスセンターなどにおいて、転倒予防や足腰の筋力保持のため、自宅でもできる軽い運動や体操などを実施します。原則3か月間、週1回利用できます。
 通所型短期予防サービス利用者は、訪問型短期予防サービス以外は利用できません。

指定事業所一覧

 敦賀市が指定した基準緩和サービスと短期予防サービスの事業所一覧です。
 現行相当サービスを提供する事業所は一覧に掲載していませんが、これまで通りサービスを受けることができます。

利用者負担

 サービスの費用の1割または2割を負担していただきます。
 1割または2割の負担割合は、介護保険制度のサービス利用における所得に応じた負担割合と同じです。サービスを利用する際は、サービス提供事業所などに、介護保険の被保険者証とあわせて「負担割合証」をお見せください。

通所型・訪問型サービスの利用者負担の目安

訪問型サービス

1割負担の場合。2割負担の方は2倍した金額です。

現行相当サービス
利用頻度 1月あたりの利用者負担
週1回 1,168円
週2回 2,335円

週3回

3,704円
基準緩和サービス
利用頻度 1月当たりの利用者負担
週1回 800円
週2回 1,600円
週2回超 2,400円
短期予防サービス
利用頻度 1回当たりの利用者負担
初回 300円
2回目から4回目 150円

通所型サービス

1割負担の場合。2割負担の方は2倍した金額です。

現行相当サービス
利用頻度 1月あたりの利用者負担
週1回 1,647円
週2回 3,377円
基準緩和サービス
利用頻度 1月当たりの利用者負担
月4回 1,090円
月8回 2,180円

サービスの中に送迎、入浴は含まれません。

短期予防サービス
利用頻度 1月あたりの利用者負担
月4回 1,240円

サービスの中に送迎、入浴は含まれません。

基準緩和サービスと短期予防サービスの送迎加算
利用頻度 1回あたりの利用者負担
片道1回 20円

サービス事業の内容

問合せ・相談先

総合事業のサービス利用について

  • 粟野地区以外の方

地域包括支援センター「あいあい」電話番号:0770-22-7272

  • 粟野地区の方

地域包括支援センター「なごみ」電話番号:0770-21-7530

総合事業の制度に関すること

長寿健康課 電話番号:0770-22-8180

事業所向け説明会資料等

訪問型・通所型サービスの基準・報酬など

サービスコード表

サービスコード(CSV)を修正しました。平成29年4月24日更新。

サービス提供における留意点

事業対象者・介護予防ケアマネジメントについて

介護予防ケアマネジメントマニュアル

敦賀市介護予防・日常生活支援総合事業事業対象者確認申請書

居宅(介護予防)サービス計画作成・介護予防ケアマネジメント依頼(変更)届出

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

情報発信元

長寿健康課

敦賀市 中央町2丁目1番1号
電話番号:0770-22-8180
ファックス:0770-22-8179

お問い合わせ

本文ここまで


以下フッターです。

敦賀市役所

お問い合わせはこちら
〒914-8501 福井県敦賀市中央町2丁目1番1号
電話:0770-21-1111(代表)
Copyright © Tsuruga City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る