このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

子ども医療費助成制度について

最終更新日:2016年2月23日

敦賀市では、市内にお住まいの中学校修了前までのお子さんの医療費を助成します。

(注釈)平成26年10月1日診療分から、中学校修了前までのお子さんに助成対象が拡大。

出生や転入によりお子さんに受給資格があると考えられる場合には、児童家庭課にて申請してください。

受給資格

 敦賀市に住民登録をしている、中学校修了前までの児童
(満15歳に達する日以後の最初の3月31日まで)

(注釈)敦賀市で実施している「母子家庭等医療」「重度障害者医療」等、他の医療費助成制度とは重複受給できません。

助成内容

  • 医療費の保険診療分
  • 入院時の食事療養費標準負担金
  • 医師の判断に基づき装着した補装具の費用の一部 など

保険適用外の診療や自費負担分については、助成の対象外となります。
例:差額ベット代、健康診断にかかる費用、薬の容器代、予防接種、各種証明書料など

申請方法

 次のものをご持参の上、児童家庭課にて手続きしてください。

  • お子さんの健康保険証

 (出生により保険証がない場合は、お子さんが加入予定の健康保険証 )

  • 振込先の口座通帳
  • 印鑑(スタンプ印は不可)

 資格審査後、「敦賀市子ども医療費受給資格者証」をご自宅へお送りします。
 福井県内の医療機関で受診される場合は必ず掲示してください。
 福井県外で受診した場合は、窓口にて請求手続が必要です。

注意事項

  • 小学1年生から中学3年生までのお子さんについては、自己負担額を控除した金額を助成します。自己負担額については、下表のとおりです。
  • 加入健康保険により高額療養費や附加給付等の支払いがある場合は、その額を控除した金額を助成します。
  • 保育園・幼稚園や小学校、中学校のお子さんが学校管理下でケガをしたときは、「日本スポーツ振興センター」より災害給付金が支給されます。このような場合、子ども医療費助成は行いません。

 また、「日本スポーツ振興センター」の災害給付金と子ども医療費助成が重複受給となった場合は、調整し助成を行います。

  • 県外医療機関での受診や、受給者証の提示なく受診した場合(受給者証到着前や出生・転入月)は、児童家庭課(1階4番窓口)での請求手続が必要です。
  • 医療費を請求できる期間は、診療の翌月から起算して1年以内です。

自己負担額

区分 自己負担限度額
未就学児

小 学 生 ・ 中 学 生

外来 なし 1医療機関 500円/月
(注釈)医科(内科・小児科等)と歯科は、別医療機関とみなします。
入院 なし 1医療機関 500円/日
(注釈)500円×8日=4,000円/月を上限とします。
調剤 なし なし

その他必要な手続き

届出内容 必要なもの
県外医療機関で受診した場合 受給資格者証、印鑑、領収書
(注釈)領収書は、受診者・領収印・保険点数が分かるもの
住所・保護者・氏名の変更 受給資格者証
印鑑
保険内容の変更 受給資格者証、新しい保険証(お子さんのもの)、印鑑
(注釈)勤務先の変更がない場合でも、必ず届出をして下さい。
振込み先の変更 新しい振込み先となる通帳
印鑑
受給資格者証の紛失や破損 印鑑
受給資格の喪失
(注釈)転出や他の医療費助成制度に移行する場合
受給資格者証
印鑑

関連ファイル

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

情報発信元

児童家庭課

敦賀市 中央町2丁目1番1号
電話番号:0770-22-8125
ファックス:0770-22-8168

お問い合わせ

本文ここまで


以下フッターです。

敦賀市役所

お問い合わせはこちら
〒914-8501 福井県敦賀市中央町2丁目1番1号
電話:0770-21-1111(代表)
Copyright © Tsuruga City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る