このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

敦賀の概要

最終更新日:2015年3月1日

位置と地勢

福井県の中央に位置し、北に敦賀湾口を開いて日本海に面し、他の三方は山岳が連なり、敦賀湾と平野部を囲んでいます。

東西約14km、南北約26km、面積は251.34平方km(平成26年10月1日現在)で若狭湾に大きく張り出た敦賀半島と54kmに及ぶ海岸線が、敦賀湾を日本海の風や波浪から防ぎ、天然の良港を形成しています。
日本三大松原の一つに数えられる気比の松原は、敦賀湾の最奥部に位置し、海とのすばらしい景観を織り成しています。

敦賀ってこんなまちですよ

どこにあるの

 敦賀市は、福井県のほぼ中央に位置し、日本海側に面する港町です。ちょうど琵琶湖の北方向にあたります。京阪神・中京方面からのアクセスが便利で、京都までJRで1時間足らず、大阪、名古屋まで各1時間30分で行くことができます。
 平成18年10月からは、新快速電車の運行が始まり、京都・大阪へのアクセスがさらに便利になっています。

敦賀までのアクセス

自動車で 【各I.C~敦賀I.C】 

京都 約 1時間30分(120km)
大阪 約 2時間(170km)
名古屋 約 1時間30分(120km)
東京 約 5時間30分(450km)

フェリーで 【各港~敦賀港】 

苫小牧 約19時間
秋田 約17時間30分
新潟 約11時間30分

新幹線・特急で 【各JR駅~敦賀駅】

京都 55分
大阪 約 1時間20分
名古屋 約 1時間30分
東京 約 3時間

新快速で 【各JR駅~敦賀駅】

京都 約 1時間30分
大阪 約 2時間

どんなまち

 敦賀市は、古くから天然の良港として知られ、大陸文化の玄関口として栄えた港町です。現在でも、港には外国のコンテナ船、高速フェリーが就航し、敦賀経由で人やものが運ばれてきます。また、原子力発電所などの発電施設が立地し、エネルギ-の供給都市としての性格ももっています。
 伝統的な産業としては、おぼろ昆布やかまぼこなど、海産物を利用した食品加工業が盛んで、おぼろ昆布のシェアは何と全国の約85%を占めています。

敦賀の自慢

 豊かな自然と新鮮な海の幸が敦賀の自慢です。自然では、日本三大松原と呼ばれる「気比の松原」やエメラルドグリーンの水が広がる無人島「水島」があり、海の幸としては、日本海の荒波にもまれた「敦賀ふぐ」や冬の味覚の王様「越前がに」が有名です。
 その他にも、緑に包まれた北陸道の総鎮守「氣比神宮」や恋の宮・桜の名所の「金崎宮」などの歴史資源や、漫画家松本零士氏の漫画のキャラクター像があり、訪れた人の目を楽しませてくれます。

関連リンク

情報発信元

秘書広報課

敦賀市 中央町2丁目1番1号
電話番号:0770-22-8100

お問い合わせ

本文ここまで


以下フッターです。

敦賀市役所

お問い合わせはこちら
〒914-8501 福井県敦賀市中央町2丁目1番1号
電話:0770-21-1111(代表)
Copyright © Tsuruga City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る