このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

出産育児一時金について

最終更新日:2015年3月1日

 被保険者が出産したとき、世帯主に出産育児一時金として42万円(平成21年10月以降出産分より)が支給されます。妊娠12週以降であれば、死産・流産でも支給されます。
※他の健康保険から支給される場合、国保からは支給されません。

直接支払制度
 42万円までの出産にかかる費用の請求を医療機関等が保険者に直接行う制度です。
 この制度を利用すると、42万円までの出産費用を医療機関に支払う必要がなくなります。
 出産費用が42万円を超えた場合はその分の支払いが必要です。また、出産費用が42万円未満の場合は出産費用と42万円との差額が支給されます。

受取代理制度
 直接支払制度を利用しない小規模な分娩機関等で出産する場合を対象とした制度です。
 42万円を超える部分のみ支払えばよいという点は直接支払制度と同じですが、出産予定日以前2ヶ月の間に被保険者自身による事前手続きが必要です。
 どちらの制度が利用できるかは、あらかじめ分娩機関へご確認ください。

 また、希望により、本人がいったん全額を支払った後に申請して、本人口座等へ支給することも出来ます。

お問合せ先

敦賀市福祉保健部国保年金課保険給付係  電話: 22-8119

情報発信元

国保年金課

敦賀市 中央町2丁目1番1号
電話番号:0770-22-8120
ファックス:0770-22-8189

お問い合わせ

本文ここまで


以下フッターです。

敦賀市役所

お問い合わせはこちら
〒914-8501 福井県敦賀市中央町2丁目1番1号
電話:0770-21-1111(代表)
Copyright © Tsuruga City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る