このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

平成28年度特別展のご案内

最終更新日:2016年7月31日

特別展「大谷吉継と西軍の関ヶ原」

会期:平成28年7月23日(土曜日)より9月4日(日曜日)まで
休館日:毎週月曜日(7月25日・8月1日/8日/15日/22日/29日)
会場:敦賀市立博物館
料金:博物館入館料 一般300円、団体(20名以上)250円、高校生以下無料
長浜市長浜城歴史博物館特別展「石田三成と西軍の関ヶ原」の半券提示で入館料50円引き!

概要:昨年度博物館の特別展では、敦賀城主大谷吉継の書状や吉継の言動を記した軍記類から、吉継のことばを抽出し、彼の人柄にせまりました。今回の展示では、吉継人気の源泉となっている「関ヶ原合戦」での吉継の姿を、多くの資料から探ります。

展示構成

第1章 大谷吉継の決断 吉継が西軍についた理由を考える
第2章 大谷吉継の戦略 「北陸の関ヶ原」とも呼ばれる前田軍との対戦など紹介
第3章 大谷吉継の覚悟 関ヶ原合戦での吉継の言動から「覚悟」を想う
第4章 関ヶ原合戦から大坂の陣へ 子息大谷大学の行方、真田信繁との絡みを紹介

主な展示品

『当代記』『慶長見聞録』『駿府政事録』(名古屋市蓬左文庫)
『駿府政事録』『絵本孫子童観抄』『類聚文書抄』毛利輝元書状写(西尾市岩瀬文庫)
『中川家文書』書状3点(神戸大学院人文学研究科)
『越登賀三州志』『微妙公直言覚』『古兵談残嚢拾玉集』『丹波家譜伝・大聖寺浅井畷之戦』(金沢市玉川図書館)
『真田家文書』大谷吉継書状複製(真田宝物館)
『本田忠勝冑刀蜻蛉切槍図写』『関ヶ原始末記』『関ヶ原軍記大全』『難波戦記』『岩淵夜話別集』(小浜市教育委員会酒井家文庫)
『道川文書』大谷吉継書状(敦賀市真願寺)

記念撮影コーナー設置!

三階の講堂に、菊池容斎筆「関ヶ原合戦図屏風」の特製タペストリーを設置しています。
合戦図の前で記念撮影をどうぞ!

ミニ体験コーナー 「戦国武将きぶんで書状をかいてみよう!」

地下に特別展関連企画として、ミニ体験コーナーを設置しました。

現代ではメールやSNSなどで簡単に遠くの人と交流できますが、戦国時代の武将たちには「書状(手紙)」が欠かせないコミュニケーションツールでした。当時の「書状」は今の手紙と形がちかいます。普段ふれることのない「書状」を実際につくってみませんか?「折紙」「竪紙」「切封」といった、書状の形やしくみを知ることができますよ。

関連イベント

特別展記念講演会 対談「西軍の関ヶ原 三成と吉継の反省会」

日時:8月20日(土曜日)午後2時より (午後1時30分開場)
会場:きらめきみなと館 小ホール
特別ゲスト:長浜市長浜城歴史博物館 館長 太田浩司氏
概要:長浜市長浜城歴史博物館館長太田浩司氏をお招きし、当館館長外岡慎一郎と共に、「西軍の関ヶ原」について対談します。
料金:無料
定員:200名(申込不要、先着順)
共催:気比史学会

ギャラリートーク

日時:7月30日(土曜日)19時より/8月11日(木曜日)10時より/8月28日(日曜日)10時より
会場:敦賀市立博物館 2階展示室
概要:館長による展示解説を行います。7月30日(土曜日)は特別に20時まで開館時間を延長し、希望者を対象に展示解説を行います。
料金:無料(要博物館入館料)
定員:20名(申込不要、先着順)

歴史紙芝居 「愛と正義の大谷吉継」

主催:敦賀のイイ!を発信 学生団体Tongood
日時:8月16日(火曜) 午後1時30分より
会場:敦賀市立博物館 3階講堂
料金:無料(要博物館入館料)
定員:50名(申込不要、先着順)

臨時休館のお知らせ

展示替えおよび燻蒸作業のため、以下の期間は臨時休館いたします。
平成28年7月20日(水曜)から22日(金曜)
平成28年9月6日(火曜)から9日(金曜)
博物館開館カレンダー

情報発信元

博物館

敦賀市 相生町7番8号
電話番号:0770-25-7033
ファックス:0770-47-6131

お問い合わせ

本文ここまで

サブナビゲーションここから

過去の展示

情報が
見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

敦賀市役所

お問い合わせはこちら
〒914-8501 福井県敦賀市中央町2丁目1番1号
電話:0770-21-1111(代表)
Copyright © Tsuruga City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る