このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

博物館アーカイブ001

最終更新日:2015年7月9日

敦賀市立博物館(旧大和田銀行本店建物)について

建物概要
竣工 昭和2年(1927)
構造 地上3階地下1階建て、塔屋付き。地階SRC、地上部鉄筋煉瓦造り
建築面積 348.618平方メートル
延べ床面積 1406.183平方メートル(ドライエリア含む)

 現市立博物館は、近代敦賀の発展に大きな業績を残した二代目大和田荘七が、国際港敦賀を象徴する洋風建造物として建設した旧大和田銀行本店の建物を活用しています。

 設計は永瀬・吉田建築事務所、施工は清水組(現清水建設株式会社)京都支店で、大正14年(1925)に着工し、昭和2年(1927)に竣工しました。屋内には大理石をふんだんに使用し、北陸で最初のエレベーターを設置、銀行機能は1階と地下の金庫部分で、2階は要人を接待する迎賓館機能を持つ社交場、3階は舞台設備がある集会場として市民に開放されていました。また、地階にはレストラン、屋上にはサイレンがあり、地域に時を知らせていました。

 大和田銀行は昭和20年(1945)10月、国策により三和銀行と合併し、昭和37年(1962)福井銀行港支店に引き継がれ、昭和52年(1977)同支店の移転にともない、建物は敦賀市に寄贈されました。敦賀市では同建物を歴史的建造物として保存するため、大きな改修はおこなわず、内部を仮の壁で覆い、昭和53年(1978)から歴史民俗資料館、平成5年からは敦賀市立博物館として活用してきました。建築から80年以上を経て老朽化が目立ってきたため、建物調査をおこない、平成24年8月より休館し、足かけ三年にわたり修復工事をおこないました。
 
 平成27年1月に工事が完了し、同年7月4日、銀行でありながら市民に開かれた用途・機能を持つ大和田銀行の創建当時の理念を尊重し、歴史空間を体感しながら、人々が気軽に集える博物館として、リニューアルオープンしました。

情報発信元

博物館

敦賀市 相生町7番8号
電話番号:0770-25-7033
ファックス:0770-47-6131

お問い合わせ

本文ここまで

サブナビゲーションここから

過去の活動

情報が
見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

敦賀市役所

お問い合わせはこちら
〒914-8501 福井県敦賀市中央町2丁目1番1号
電話:0770-21-1111(代表)
Copyright © Tsuruga City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る