このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

「ほそみち追想杖置きの地・敦賀から」成果報告

最終更新日:2015年3月1日

会期  平成17年10月8日(土曜)~11月6日(日曜)《会期中無休》
開館時間  午前10時から午後5時(入館は4時半までにお願いします)
入館料
個人   一般 200円  小中高生 50円
団体(20名以上) 一般 150円  小中高生 30円
〇ただし国民文化祭期間中(10月21日から11月4日)は無料。

趣旨

 松尾芭蕉『おくのほそ道』において、最後の旅の目的地となった敦賀には、その足跡を訪ねて今でも多くの芭蕉ファンや俳句を愛好する人々が訪れます。 『おくのほそ道』とその「旅」は、芭蕉の旅からそう隔たらない時代から現代に至るまで、多くの人々に追慕されてきました。これまでに、数え切れないほどの人々が、『ほそ道』を思いながら旅をしてきたことでしょう。
 本特別展では、『おくのほそ道』の完成形である素龍そりょう清書本(西村本・重要文化財)をはじめ、敦賀に残る芭蕉ゆかりの資料のほか、芭蕉を慕い、旅をしたたくさんの人々の足跡の一端を紹介いたします。

協賛

第20回国民文化祭・ふくい2005協賛事業

入館者数

2,509人

関連事業・催し

  • 『おくのほそ道』朗読会~『おくのほそ道』に親しむために~ 

 開催日  10月15日(土曜)・11月3日(木曜)
 時間   午後2時~
 場所   当館1階展示室
 出演   朗読『なぎの会』

  • ミュージアムトーク 友の会会員を対象とした展示解説。

印刷物

展覧会図録『ほそ道追想~杖措きの地・敦賀から』A4 64頁
編集・執筆・発行 敦賀市立博物館
宣伝用ポスター 2種(B2またはA3)
宣伝用リーフレット 1種(A4)

展示資料リスト

別紙のとおり

広報

  • ポスター・リーフレットの作成・配布
  • 敦賀市広報ホームページ
  • 嶺南ケーブルネットワーク・情報@つるが
  • 新聞各社への投げ込み

 掲載 福井新聞(10月18日) 中日新聞(10月18日) 週間福井

館内企画コーナー

  • 『おくのほそ道』を歩こう

 1800×2700センチメートルの床置き地図に『おくのほそ道』の旅程を示し、実際に地図の上を歩いて『ほそ道』の旅を実感する

  • 『おくのほそ道』紙芝居 

 敦賀市立博物館で紙芝居を自主制作し特別展期間中、展示室で希望者に上演

  • 『おくのほそ道』道のりクイズ

 『おくのほそ道』の舞台各地の写真を掲示、地名などをクイズ形式で楽しむ

  • 『おくのほそ道』図書コーナー

 『おくのほそ道』や芭蕉関連書籍を集め、読書・休憩スペースで自由に閲覧

  • 「ますほの小貝」で作ろう!コーナー

 芭蕉が句に詠んだますほ貝を台紙に貼り付けてしおりを作る手作りコーナー

  • 『おくのほそ道』ビデオコーナー

 平成15年に敦賀市が制作した『おくのほそ道』紹介ビデオを常時上映

特別展サポーター

  • 目的

 博物館活動にボランティアとして参加することで、地域の歴史や文化に触れ、来館者と交流し、あわせて博物館への理解を深めてもらうため。

  • 内容 

 特別展に先立ち、市民を対象にボランティアスタッフを募集。説明会1回、事前勉強会5回を実施した。展示会開始前から展示小物製作等の諸作業や、展示作業に参加し、展示開中は来館者案内・解説・イベントスタッフ等として協力していただいた。

  • 参加者  8名(事前勉強会・事前準備・会期中一度でも参加のあった方)
  • 広報

 嶺南ケーブルネットワーク
 新聞各社への投げ込み 《掲載 中日新聞(6月5日) 福井新聞(6月6日)》 

  • サポーター通信

 サポーター参加者と博物館の意思疎通の一アイテムとして、サポーター通信を発行・配布した。

  • アンケート結果  特別展終了後に実施したアンケート。

関連ファイル

情報発信元

博物館

敦賀市 相生町7番8号
電話番号:0770-25-7033
ファックス:0770-47-6131

お問い合わせ

本文ここまで

サブナビゲーションここから

過去の活動

情報が
見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

敦賀市役所

お問い合わせはこちら
〒914-8501 福井県敦賀市中央町2丁目1番1号
電話:0770-21-1111(代表)
Copyright © Tsuruga City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る