このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

市庁舎整備 これまでの経緯

最終更新日:2017年5月8日

市庁舎整備 これまでの経緯(概略)

 平成23年度(2011年度)耐震診断結果を受けた翌年度以降の議論の経緯を踏まえ、平成28年度においては、意見集約に至った庁舎耐震改修案(A案)と候補地選定を含めた庁舎建替え案(B案)とを並列に置き、50年に亘る長期のコスト比較及び熊本地震の知見を基にした検討を行っています。
 この庁舎更新の方向性の決定は、平成29年(2017年)1月策定の「公共施設等総合管理計画」の取組方針に沿ったものであることが求められています。

 これまでの主な流れは以下のとおりです。

年度 主な検討内容
平成23年度

耐震診断の結果を受け、耐震補強等の対策が必要と判断
耐震診断結果:地震の震動及び衝撃に対して倒壊し、又は崩壊する危険性が高い

平成24年度 3つの工法(強度型補強、制震補強、免震補強)に対して、費用の比較検討

平成25年度
平成26年度

平成26年度時点耐震改修案を作成

耐震改修費は概算で、合計20億円となる見込みを示す
平成27年度

耐震改修+増築(A案)と庁舎建替え(B案)の比較検討と財源確認
超長期的なトータルコストでの比較検討

平成28年度 熊本地震の知見、コスト比較などから、建て替えによる新庁舎の整備と結論付ける
平成29年度

庁舎整備計画 全体工程表の提示
市民説明会

詳しくは、添付資料をご覧ください。

市庁舎整備 今後の予定

 熊本地震により、行政の中枢拠点である庁舎が発災時においても有効に機能しなければならないことが再認識され、耐震化が未実施の庁舎建替えを緊急に実施できるよう、国において「市町村役場機能緊急保全事業」が創設されました。
 これを受け当市では、この財政措置を得る方針のもと、当初の全体工程を2年前倒して実施する工程を示しています。

 今後の予定は以下のとおりです。

年度 予定
平成29年度

市民説明会の実施
市庁舎整備に係る基本構想の策定

平成30年度 基本計画、基本設計の策定
平成31年度 実施設計の策定
平成32年度 新庁舎建て替え工事 着工
平成33年度 新庁舎完成、移転
平成34年度 旧庁舎解体工事

資料

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

情報発信元

契約管理課

敦賀市 中央町2丁目1番1号
電話番号:0770-22-8105

お問い合わせ

本文ここまで


以下フッターです。

敦賀市役所

お問い合わせはこちら
〒914-8501 福井県敦賀市中央町2丁目1番1号
電話:0770-21-1111(代表)
Copyright © Tsuruga City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る