このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

敦賀市が全国で10地区の「景観まちづくり刷新モデル地区」に選定されました!

最終更新日:2017年4月14日

平成29年3月31日にみだしのモデル地区に敦賀市が選定されました。
概要は下記のとおりです。(出典:国土交通省ホームページ)

1 景観まちづくり刷新モデル地区とは

「景観まちづくり刷新モデル地区」は、3年間集中的に整備することでまちなみの景観を刷新させる地区を指します。

  • 景観まちづくり刷新支援事業等を活用した、建築物の外観修景、プロムナード(遊歩道)の整備など、景観資源の保全・活用に関する事業の実施
  • 集約促進景観・歴史的風致形成推進事業等を活用した、景観やまちなみを楽しむための社会実験や景観まちづくりのPR・広報活動など、観光地の魅力向上に資する事業の実施
  • 各省庁と連携した支援体制の構築

これらの取組みを通じて、地域の景観資源を活かしたまちづくりを実現します。

2 景観まちづくり刷新支援事業について

 「景観まちづくり刷新支援事業」は、平成29年度予算で国が新規創設した、政府初の景観の面的整備に着目した公共予算です。
 プロムナード(遊歩道)の整備や屋外広告物の集約化など、景観に特化したこれまでにない公共事業の実施が可能となり、建築物の外観修景などの景観を整備する事業に加え、広場や駐車場の整備などのインフラ整備をパッケージ化することで面的な整備が可能となりました。
 本事業は、国が指定した「景観まちづくり刷新モデル地区」内で、地方公共団体又は地方公共団体と民間主体により構成する協議会が実施する景観の向上に資するまちづくりに要する費用の2分の1を補助するものです。

3 全国で10地区のモデル地区

福井県敦賀市、北海道函館市、青森県弘前市、茨城県水戸市、岐阜県高山市、和歌山県田辺市、兵庫県篠山市、香川県高松市、山口県長門市、長崎県長崎市

景観まちづくり刷新モデル地区(10地区)
景観まちづくり刷新モデル地区(10地区)

4 リンク集

 その他詳細については下記ホームページのリンク先でご確認ください。

5 敦賀市の行う事業(予定)

  • 金ヶ崎周辺に「人道の港」の観光拠点整備
  • 敦賀駅前や金ヶ崎周辺の駐車場及び緑地帯の整備
  • 本町通り(国道8号)の歩行空間の整備 など

 概要資料は下記リンクからダウンロードしてください。

6 お問い合わせ

  • 「景観まちづくり刷新支援事業」の制度内容に関すること

 国土交通省都市局 公園緑地・景観課
 電話番号03-5253-8111(内線32-984)

  • 敦賀市の事業に関すること

 敦賀市産業経済部 新幹線まちづくり課
 電話番号0770-22-8241

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

情報発信元

新幹線まちづくり課

敦賀市 中央町2丁目1番1号
電話番号:0770-22-8241
ファックス:0770-22-8184

お問い合わせ

本文ここまで


以下フッターです。

敦賀市役所

お問い合わせはこちら
〒914-8501 福井県敦賀市中央町2丁目1番1号
電話:0770-21-1111(代表)
Copyright © Tsuruga City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る