このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

敦賀市道路照明灯LED化推進事業に係るプロポーザルの実施について

最終更新日:2015年8月7日

 敦賀市では、地球温暖化問題に対し温室効果ガスの排出量を削減するとともに、道路灯及び防犯灯を適正に配置することを目的として、市内約8,800灯の道路灯及び防犯灯のLED化推進事業を実施します。
 本事業の実施にあたり、器具の調達から取替工事、維持管理の全てを含めた10年間の包括リース方式を採用することとし、最適な契約候補者等を選定するため、募集要項に基づき、次のとおり公募型プロポーザルを実施します。

最優秀提案者の決定について

 7月31日に実施しましたプロポーザル審査委員会において、次の事業者を最優秀提案者に選定いたしました。今後、敦賀市道路照明灯LED化推進事業の完了に向け優先交渉権者とし、事業を実施していきます。

最優秀提案者 IBJL東芝リースグループ
 (リース会社) IBJL東芝リース株式会社
 (調査担当会社) ES株式会社
 (機器メーカー) 東芝ライテック株式会社

1 業務の概要

(1)業務名称 敦賀市道路照明灯LED化推進事業
(2)業務内容 別紙「敦賀市道路照明灯LED化推進事業標準仕様書」のとおり。
(3)業務の期間
 ア LED照明導入調査業務 契約締結の日から平成28年2月29日まで
 イ LED照明導入業務 平成29年4月1日から平成39年3月31日まで

2 応募条件

(1)応募者
 ア 応募者は、本事業を遂行できる複数の企業により構成されるグループとし、リース会社、調査担当会社及び機器メーカーの3者からなるものとする。ただし、機器メーカーについては、複数で構成することもできる。
 イ 応募者の代表者はリース会社とし、市との連絡窓口として業務遂行の責を負うものとする。
 ウ 応募者の構成員について、提案時において市の指名競争入札参加資格名簿に登録されていることを条件としないが、提案が採択された場合には、速やかに市に必要な手続を行うものとする。
(2)応募の参加資格 応募者の構成員は、公告の日から提案書の提出期限の末日までの間において、次に掲げる要件を全て備えていることを条件とする。
 ア 提案した事業内容を円滑に遂行でき、安定的かつ健全な財政能力を有すること。
 イ 会社更生法(平成14年法律第154号)に基づく更生手続開始、民事再生法(平成11年法律第225号)に基づく再生手続開始又は破産法(平成16年法律第75号)に基づく破産手続開始の申立てがなされている者でないこと。
 ウ 国税及び地方税を滞納していないこと。
 エ 福井県及び敦賀市において指名停止期間中の者でないこと。
 オ 調査担当会社においては、福井県内に主たる事務所又は営業所を有する者であること。
 カ 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当する者でないこと。
 キ 法人又はその役員が、敦賀市暴力団排除条例(平成23年敦賀市条例第14号)に規定する暴力団、暴力団員及びそれらの利益となる活動を行う者でないこと。

3 提案書の提出 (提案書の受付は終了いたしました。)

(1)受付期間 平成27年7月15日(水曜)から7月24日(金曜)まで
 ※ただし、敦賀市の休日を定める条例(平成元年敦賀市条例第25号)第1条に規定する市の休日を除く、
 午前9時から午後5時まで
(2)提出方法 持参し、又は郵送すること。(郵送の場合は、簡易書留郵便を利用し、期間内に必着すること。)
(3)提出先
 〒914-8501
 福井県敦賀市中央町2丁目1番1号
 敦賀市建設水道部道路河川課

4 質疑の方法 (質疑の受付は終了いたしました。)

(1)受付期限 平成27年7月17日(金曜)午後5時まで
(2)提出方法 電子メール(着信を必ず確認すること。)
(3)提出先 dourokasen@ton21.ne.jp
(4)回答方法
 提出された質疑への回答は、平成27年7月22日(水曜)までに市のホームページで随時公開する。

質疑の回答(7月21日更新)

 質疑のあった内容についての回答は次のとおりです。(すべての質疑に対する回答を掲載いたしました。)

5 提案書の審査方法

(1)審査方法
 審査委員会において、提出された提案書について、応募者によるプレゼンテーションを実施する。その内容を参考にし、審査委員が基準に基づき各項目を点数評価し、総合点数の最も高い者を最優秀提案者に決定する。
(2)審査結果の通知
 審査結果は、応募者全員に文書により通知する。

6 その他留意事項

(1)応募に係る全ての書類の作成及び提出に要する費用は、応募者の負担とする。
(2)提出書類の著作権は、それぞれの応募者に帰属するが、提出書類は返却しないものとする。なお、最優秀提案者の提出書類の使用権に関しては、市に帰属するものとする。
(3)提案内容に含まれる特許権、実用新案権、意匠権、商標権等の日本国及び日本国以外の国の法令に基づき保護される第三者の権利の対象となっている意匠、デザイン、設計、施工方法、工事材料、維持管理方法等を使用した結果生じた責任は、応募者が負うものとする。
(4)応募者は、1つの提案しか行うことができない。
(5)応募者の構成員は、他の応募者の構成員となることはできない。
(6)応募者の構成員の変更は認めない。ただし、やむを得ない事情が生じた場合であって、市と協議により市がこれを認めたときは、この限りでない。
(7)当該提案に係る一連の手続及び契約において使用する言語及び通貨は、日本語及び日本国通貨とする。
(8)提案書の提出後は、加筆、修正及び差し替えは認めない。なお、本提出書類について後日参考資料を求めることがある。
(9)提案書に虚偽の記載があったと認められた場合、当該提案書は無効とする。
(10)この公告に掲げるもののほか、当該提案に関し必要な事項は、募集要項及び敦賀市道路照明灯LED化推進事業標準仕様書によるものとする。

[関連ファイル]

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

情報発信元

道路河川課

敦賀市 中央町2丁目1番1号
電話番号:0770-22-8135
ファックス:0770-22-8165

お問い合わせ

本文ここまで


以下フッターです。

敦賀市役所

お問い合わせはこちら
〒914-8501 福井県敦賀市中央町2丁目1番1号
電話:0770-21-1111(代表)
Copyright © Tsuruga City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る