このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

粟野中学校 認知症サポーター養成講座

最終更新日:2015年11月25日

10月29日、粟野中学校の2年生が「認知症サポーター養成講座」を受講しました。

認知症の病態生理や症状、認知症の方への接し方について講話や寸劇を通して学びました。
認知症の病態生理や症状、認知症の方への接し方について、講話や寸劇を通して学びました。

受講後のアンケートより

「認知症」の勉強をして、一番印象に残ったことはどんなことですか?

  • 高齢者の4人に1人が認知症および予備軍であること、認知症は誰にでも起こりうる病気であること。
  • 認知症は何でもかんでも忘れる病気かと思っていたけれど、感情は忘れず変わらないということ。
  • 認知症の人に対して怒ったり、否定したりすると認知症が進行してしまうこと。
  • 認知症の人に接するときは、「驚かせない」「急がせない」「プライドを傷つけない」の3つの「ない」を意識して優しく接すること。
  • 一番苦しんでいるのは認知症の本人だということ。

「認知症」の人に会ったら、みなさんがしてあげたいことは何ですか?

  • 責めたり間違っていると否定せずに、一度話を受け止めて対応したい。
  • 特別な人とは思わず、温かい目で見守ってあげたい。
  • ちゃんと話を聞いてあげたり、やさしく接したり、その人がうれしく感じることや助かることをしてあげたい。
  • 話し相手になってあげたい。
  • 2つ以上のことが重なると理解できなくなるので、一つ一つ丁寧に説明したい。

わたしたちが伝えたかったことをしっかりと理解し、自分たちにできることを考えてくれました。子どもたちの優しい気持ちが伝わってきますね。

情報発信元

長寿健康課

敦賀市 中央町2丁目1番1号
電話番号:0770-22-8180
ファックス:0770-22-8179

お問い合わせ

本文ここまで


以下フッターです。

敦賀市役所

お問い合わせはこちら
〒914-8501 福井県敦賀市中央町2丁目1番1号
電話:0770-21-1111(代表)
Copyright © Tsuruga City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る