このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

でんがらがん(平成18年)

最終更新日:2015年3月1日


みんなで輪になって数珠を回します。

平成19年2月1日(木曜)
 沓地区の常福寺(じょうふくじ)で、江戸時代から伝わる伝統行事「でんがらがん」行われ、常宮小学校の児童、地区の大人や子ども達らが豊漁と無病息災を祈りました。地元では子ども達のことを「坊ら」と呼ぶことから、数珠の引き合いに子ども達が勝つと魚の「ボラ」がよくとれ、豊漁になるといわれています。

 まず大人の男性、大人の女性、常宮小児童の順に数珠回しを数回行った後、大人の男性と常宮小児童の数珠の引き合いになりました。一生懸命引き合った末、今年も子どもたちに軍配が上がり、豊漁と占われました。


数珠を引っ張り合います。

情報発信元

秘書広報課

敦賀市 中央町2丁目1番1号
電話番号:0770-22-8100

お問い合わせ

本文ここまで

サブナビゲーションここから

平成19年度以前

情報が
見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

敦賀市役所

お問い合わせはこちら
〒914-8501 福井県敦賀市中央町2丁目1番1号
電話:0770-21-1111(代表)
Copyright © Tsuruga City All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る